過払い金の請求をする

過払い金請求という言葉、最近コマーシャルでもよく見かけます。
過払い金請求は消費者金融やクレジットカード会社などからの借り入れについて、支払過ぎた利息部分を返還してもらうために行う請求です。
利息制限法の上限金利から出資法の上限金利の間のグレーゾーン金利と呼ばれる部分については、返済義務がありませんので、その部分が過払い金となります。
過払い金は請求によって変換してもらう事ができますので、その請求を行うのが、過払い金返還請求です。

何となく借金している人は、今まで借入させてもらって支払過ぎた分を返還しろなんて、なんだか気が引けるという人もいますが、本来であれば支払うべきお金ではないお金を返済しているのですから、過払い金が発生しているので張れば、堂々と請求すればいいのです。

一般的に2010年以前までに消費者金融等で借り入れを行った、という人に関しては、過払い金が発生しているといわれています。
すでに借金を完済している場合も、その取引が5年以上継続していた場合には、過払い金が発生している可能性があるので、請求できるかもしれません。
過払い金返還請求は法律の専門家に依頼する事もできますし、個人で行う事も可能です。
個人で行う場合、引き直し計算が面倒なので、インターネット上にある引き直し計算ができるサイトなどで、計算し、過払い金があるようなら、請求を考えてみましょう。
当サイトは過払い金返還請求についてどういった流れで行っていけばいいか詳細をお知らせし、債務に悩む方のお力になれたらと考えております。

Copyright © 2014 過払い金はどうやってもらえる? All Rights Reserved.